menu

車は下取りにせず【車買取】にした方が絶対にいい!その理由とは

車を新たに買い換えるときに、大多数の方が現在乗っている車を売却することになると思いますが、ほとんどの場合が新たに購入する車の販売店やディーラーに下取りしてもらうというのが一般的ではないでしょうか。

面倒な手間もかからず、手続きもおまかせできる上に、下取り査定で出たお金をそのまま新たな車の購入にあてられるため、確かに便利でお得な気がしてしまいます。

ですが、このように自分の愛車を下取りとして買取ってもらったその金額が、車買取専門店から提示される買取額より高くなることはまずないでしょう。比べてみればわかりますが、その金額にはかなりの開きがあるはずです。

以上のことをふまえた上で、これからさせて頂くお話は、次のようにお考えの方のお役には残念ながらたてないかもしれません。

sukosikurainara

このようにお考えになっている方は【車買取】ではなく、車の下取りが高くなる秘訣などが掲載されているホームページをご覧になって頂く方がいいでしょう。

「自分の愛車は、少しでも高く買取ってもらいたい」「手間を惜しんだばっかりに、10万円も20万円も損をするのはゼッタイに嫌だ!」

このようにお考えのあなたになら、ここからのお話は必ず役立つ情報となりますので、是非とも読み進んでみてください。

手前味噌になってしまいますが、当サイトの管理人自身もこの理論にのっとって複数の車買取専門店から査定をしてもらい、新車ディーラーから提示を受けた査定額よりも24万3千円も高い買取額を提示してもらいました。

kaitori

車買取業者同士を比較しても、その査定額にかなりの開きがでることがあります。下にご紹介している【かんたん車買取査定ガイド】を使って、車買取査定をしてみた方の実例では、最低査定額と最高査定額に62万円!!もの差額がでています。最大10社の車買取専門店の査定額が、簡単な入力をするだけですぐにわかりますから、ご自分の車を少しでも高く売りたいとお考えなら、試さない手はありません。もちろん、査定をするだけなら無料ですから、いっさい損はナシです
banner

どうして車買取が車下取りより有利なのか

「新車ディーラーや中古車販売店に下取りに出したほうが手間もかからないし、車買取専門店に査定に出さなくても、交渉次第で充分高い査定額を提示してもらえるんじゃないかな」

確かに、これから車を購入してもらう手前、頑張って高い下取り査定額をだしてくれるような気がしてしまいます

はっきり言います。それはあなたの思い込みです。必ず損をします。

相手は百戦錬磨の交渉のプロです。言葉は悪いですが、あなたの思い込みにつけこんで、いかにも頑張って良い条件の査定をだしたようにアピールしてきますが、実際には相当安い査定額であなたを納得させようとしているのです

次に、ディーラーの下取りのカラクリについてご紹介します。

新車ディーラーは、新車の販売が主業務であり、下取りとしての車買取はあくまで新車販売についてくるオマケのようなものです。
ディーラーが中古車を下取り(買取)するのは、もちろん新車を買ってくれるお客へのサービスの意味合いも含まれていますが、その裏には「これから新車を買うわけだから、頑張っていい査定額をだしてくれるだろう」という思い込みを逆手に取って、あわよくば新車販売だけでなく、車買取に関しても少しでも利益を上げたいと思っているものです
ですから、少しくらい下取り額を安く提示したとしても、ディーラーマンに「頑張っていい値段をだしました」とアピールされると、お客側が「あー、頑張ってくれたんだ。それじゃ他の車買取店で査定してもそれ以上の査定額はあんまり出ないだろう」と勝手に思い込んでくれることを利用しているのです。
さらに、複数の車買取専門業者に出向いて査定をしてもらい比較検討するということが、手間のかかることという心理も手伝って、面倒なことがないディーラーの下取りで済ませてしまうことが多いのです。
こうして、安い金額で買取った車は、系列の中古車販売店に卸します。もちろん、商売ですからこの中古車販売においても利益を出さなくてはなりません。同系列の車種であれば、販売網も確立されており、利益が出るような販売も苦ではありませんが、他メーカーの車ではそうはいきません。そのため、出来る限り安い金額で買い取ろうとします。
先程も書いたように、新車ディーラーは新車の販売による利益を主軸としています。新車さえ売れていれば、充分な利益を確保できるため、本音は「無理に高い査定額で買取る必要はない」わけです。たとえ「下取り車が他の車買取店に流れてしまっても」です
ただ、そうは言っても、これから新車を購入してくれそうなお客さんに「下取り査定は0です」とか「うちでは下取りできません」と、むげに突き放し心証を悪くするわけにもいきませんから、例え値がつきそうにない下取り車でも「頑張って査定をつけましたよ」などと、せいぜいが2~3万円程度の査定額をだしてくるのです。さらに、ディーラーマンから「本当は値段がつかないのですが・・・」などと付け加えられると、よほど気の強い人でもない限り「これ以上ごねてもわるいかな」と、びっくりするほどの低査定でも、すんなり納得してしまうことが多いのです。

まだまだほんの一部ですが、充分おわかり頂けたかと思います。

つまり・・・

下取りで車を高く売ることはできない!

となります。

では、自分の愛車を最高値で売るためにはどうすればいいのか、ということですが

【車買取一括査定】を使って何社もの車買取専門業者から相見積もり(あいみつもり)をとる

これが最良の方法でしょう。

aiteam

車を高く売るには車買取専門店が一番ですが、それにはちょっとした工夫が必要です

cyuukosya車の下取りよりも愛車を高く売ることのできる【車買取専門店での買取査定】は、車を売る側にとってとても有利ですが、適当な車買取専門店で愛車の査定をしてもらっても、満足のいく査定額がでることはなかなかありませんので気をつけてください。
他の業界でも同様ですが、売りたい物の値段が上がるためには、競争原理が働かなくてはなりません。車買取で言えば、あなたの愛車を買取りたいと思う車買取業者が複数存在する必要があるのです。
つまり、「複数の車買取業者に同時に査定をしてもらう」ことで、車買取業者にあなたの愛車を競り合ってもらい、買取額の大幅アップをねらうということです。
そのためには、できるだけ多くの車買取店に査定をしてもらう必要がありますが、1~2軒ならまだしも何軒もの車買取店をまわるというのは手間と時間がとてもかかり、また、ガソリン代などの無駄な出費にもつながります。労力がかかることから「もう、ここで売っちゃおうかな・・・」と、途中で妥協してしまうことにもなりかねません。satei
さらに、車買取店に競り合ってもらうためには、複数の買取店に査定をお願いしていることを全ての業者に知ってもらう必要がありますが、面と向かって「相見積もりしている」と、告げるのは気が引けるという方も多いでしょうし、大手の車買取店のようにこうしたケースになれているとろではなく、小規模店などではあまりいい顔をされないこともあるでしょう。

 

インターネット上の【車買取一括査定】で、あなたの愛車の最高値買取額がでる!!

手間も時間もお金もかけずに複数の車買取業者に自分の車を競り合ってもらえて、最高値で売却ができるのが

最大10社の車買取店の査定が、ネットで自宅に居ながらにして一度に申し込める【無料車買取一括査定】です。

「車買取一括査定って結局中古車のオークションみたいなものでしょ」と、思われる方もいるでしょうが、確かに車を競り合うという意味では【車買取一括査定】も「オークション」も、仕組み自体にそれほど違いはないかもしれません。ですが、中古車のオークションは参加するための費用や売買契約が成立したときの手数料、また、古物商の許可証などが必要で、それ相応の知識と経験もいります。とても、素人が参加して割に合う方法ではありません。インターネットのオークションなどもありますが、こちらもリスクが高くおすすめできません。

《ズバット車買取比較》《かんたん車査定ガイド》をオススメします

現在では、車買取一括査定が申し込めるネット上のサイトも増えてきましたが、当サイト管理人は、以下の理由で【ズバット車買取比較】【かんたん車査定ガイド】の2つをオススメしたいと思います。

【ズバット車買取比較】
【かんたん車査定ガイド】

・インターネットから簡単な入力だけで申込みができて、後は競争査定の結果が送られてくるのを待つだけ。
車買取業者の参加数が多く都市部以外にお住まいの方にも便利。
・複数の車買取業者が競り合う競争入札なので、愛車の査定額が高くなりやすい。しかも査定をするだけなら完全に無料
・参加する車買取業者は、誰でも名前を知っている有名なところばかりで安心

ちなみに、ディーラーなどで下取り査定額がでている方なら、その査定額をもとにして車買取業者との交渉も有利に進めることができます。あなたは、最高値をだした車買取業者を選ぶだけで最大級の利益を獲得。万が一、満足のいく買取査定額が出なかった場合、下取りとして出してしまえばOK。一括査定をしたからといって必ず売却をしなければいけないということはありませんので、リスクは全くナシ

車買取 お勧め査定はココ

車買取の専門業者に一括してネットから査定申込可能な
かんたん車査定ガイド 」が今現在最もお勧めです。(最大10社)。

また、車買取査定のズバット車買取比較(車買取専門大手ラビットアップルガリバーカーセブンカーチス等が中心)に1回の入力で10社同時に申し込めます。※毎週調査・更新しています。

車買取の相場は難しい?

車買取価格にはもちろん相場というものがあります。しかし、我々素人がその相場を的確に知ることはなかなかできません。なぜなら、車買取を専門としているプロの査定士でも、日々変動する車買取相場に頭を悩ませているからです。
基準となる相場はあることはあるのですが、例えば同タイプの車であっても、ボディーカラーやオプション・走行距離や年式など、様々な要素によって買取査定額に数万円から数十万円の開きが出ることは日常茶飯事です。
よって、車買取査定を受けるお客の側が、買取相場を的確に把握していないと、車買取業者の言い値で安く買い取られてしまうことにもなりかねないのです
しかし、当サイトがおすすめする【無料車買取一括査定】を利用すれば、そんな心配は皆無です。複数の買取業者があなたの愛車を競争入札形式で自動的に競り合ってくれますから、あなたは家に居ながらにして現時点でのリアルな買取相場がわかります。

車買取査定に関するQ&A

車買取査定でよくある質問をまとめてみました。今後のご参考にして下さい。

Q・車査定を受けたら必ず売却をしなければなりませんか?

A・車の査定を受けた買取業者に、必ず売却する必要はありません。満足な査定額が出ていないのに車を売却しなければいけないとしたら、怖くて査定に出せなくなります。また、この理屈でいくと複数の車買取業者に同時に査定してもらう【車買取一括査定】は成立できなくなります。どこの車査定の業者のサイトを見ても「当社の査定を受けたら必ず売却をお願いします」とはなっていませんので、安心してバンバン査定を受けて下さい。

Q・ディーラーの下取りでも高額査定がでたと聞いたことがあるけど?

A・まず、「何をもって高額査定とするか」ですが、ディーラーの下取査定額だけを見て「高額査定してもらった」と判断するのは危険です。例えば「下取査定は本当は10万円が限界なのですが、頑張って15万円にします」と言われれば、高額査定してもらったと錯覚してしまいそうですが、ディーラーにとってはまだまだ余裕だったりします。つまり、下取査定額だけで高額査定かどうかという判断はできないので、必ず複数の車買取専門業者から提示された査定額と比較することが重要です。おそらく、ディーラーの下取査定が、【車買取一括査定】で出た最高額を上回ることはないでしょう。

Q・車の修復歴は申告しなくても大丈夫?

A・愛車の査定額が下がるのが嫌で修復歴を隠したいというのは、心情的には良くわかりますが、これはゼッタイにやめましょう。査定士は、これまで何十何百という中古車の査定を行ってきており、修復歴を発見する術は心得ています。あなたが黙っていようといまいと、まず間違いなく修復歴を見抜きますので、修復歴は正直に申告したほうが良いでしょう。車買取は売買契約ですから、買取業者との信頼関係がとても重要です。仮に、あなたが修復歴を黙っていてそれを見抜かれたとしたら「他にも隠しているんじゃないか」と思われて、査定額が下げられたり最悪の場合、買取を拒否される可能性もあります。

Q・車の内装や外装のキズなどは直してから査定を受けた方がいい?

A・内装や外装のキズや汚れなどは、査定額が下がる要因となりますが、では、それを直してから査定を受けたほうがいいかと言われれば、程度にもよりますが、答えはNOでしょう。というのも、キズや汚れの修復に要した費用や手間よりもプラスになる査定額がでることは稀だからです。もちろん、自前でほとんど費用もかからずにできる範囲のことはやっておいて損はないでしょうが、あまりに大掛かりになるような修復は結果的にはしないほうが得です。査定士の心証を良くするために、洗車や車内の掃除をする程度にしましょう。

Q・ローンを支払い中の車でも買取ってもらえる?

A・基本的には、ローンの残っている車の売却はローンの残債を全て支払い、車の所有権(名義)を自分に移す必要があります。(ローンを支払中の車の所有権はその車の販売店になっていることがほとんど)
ですが、現在では査定ででた買取額から、ローンの残債を一括で返済してくれる車買取店がほとんどです。買取額がローンの残債を上回っていた場合、その差額があなたに支払われ、買取額よりもローンの残債が上回っていた場合、不足分を車買取店に支払うことになります。この不足分の支払いを分割払いで対応してくれる買取店もあります。
買取店によって対応の違いがありますから、一度相談してみるとよいでしょう。